医療秘書

澤田 麻希さん

医療事務・医療秘書コース(平成28年卒業)
医療法人向洋会 協和病院 勤務
澤田 麻希さん(宮崎県立高鍋高校出身)

オープンキャンパスに参加したときに、「いろいろなことが学べるよ。」と言われ、母校が推薦校なので、入学金免除のメリットもあり、このコースを選んで進学しました。2年生の9月頃、アドバイザリーの先生に、医療秘書という仕事を進められたときには、私に秘書が務まるのだろうかと不安もありましたが、挑戦してみたのです。難しいと思ってもチャレンジ!

こんな仕事です

医療事務は、病院の受付などで患者様への対応をしたり、カルテの整理や医療費の計算をすることが主な仕事ですが、医療秘書はそれとは異なり、上司である医師の書類作成や、来客対応、スケジュール管理などが重要な仕事になります。自分が医療秘書に向いているか、不安な気持ちもあったのですが、滅多に就ける職ではなかったので、チャレンジしてみようと思いました。

この仕事に向いている人物像

  • 人をサポートするのが好き
  • 沈着冷静な性格
  • 心配りができる
  • 事務作業が好き
澤田 麻希さん

やりがいポイント

まだ仕事について1年もたたないので、言われたことをするのに必死です。いきなり頼まれる仕事も多く、自分なりにやってみて確認していただくのですが、何度もやり直しをする中でも最後には期限にも間に合い、会議などが滞りなく終わったときには、ほっと胸をなで下ろし、満足感を覚えます。

将来に向けて

医療秘書としての電話対応に習熟したいです。授業では考える時間もあり、やり直しもできますが、実務は違います。きっちり用件を書き取り、正しい言葉づかいの受け答えができるように日々努力しています。

高校生のみなさんへ

私は今、できないかも、と思ったことでもまずはやってみることを心がけています。コースごとの人数が少なく、アドバイザリーの先生があなたのことをしっかり見てくれる南短で、いろんなことにチャレンジしてください。