トップページ > 国際教養専攻科

国際教養専攻科

南九州短期大学国際教養学科国際教養専攻科の学生募集停止について(予告)

本学ではこの度、国際教養専攻科の2020(平成31)年度以降の学生募集を停止することを決定しましたのでお知らせいたします。

2003年4月に設置の国際教養学科は、日本語表現能力を土台とする幅広い教養を基礎に、実践的英語力、コンピューター・リテラシー、実践的ビジネス知識を修得することにより、発信型コミュニケーション能力の求められる21世紀ビジネスに即応した人材を養成することを目的としています。

このような学科教育をもとに、いっそう高度な内容について教育を行うことにより、専門分野の能力の向上をはかり高度産業社会に主体的に対応できる人材を養成することを目的として専攻科・国際教養専攻を設置致します。

Nantanが育成すべき人材像、教育目標・求める学生像

育成する人材像・コース教育目標

  • 自己の目標の達成
  • 学問追及を通じての人間形成

求める学生像

  • 明確な目標を有する学生
  • より高度な学問を学びたい学生
  • 外国語を使って視野を広め、国内外で活躍したいと考えている学生

学びのポイント

深めたい知識に応じてオリジナルで履修できます

パスポートとパンフレット

英語関係、情報(コンピュータ)関係、経営・会計関係など、自分がさらに学習したいカリキュラムを中心に履修が可能。それぞれの希望の学習内容で充実した1年間を過ごせます。

公務員・教員・大学編入など、進路に応じた指導も受けられます

パスポートとパンフレット

卒業後を見据えた目的別指導も充実。公務員試験合格のための学習指導、教員採用試験合格のための学習指導も行われています。また4年制大学編入試験もしっかりサポートします。

所属は研究室だから親身な教員指導が受けられます

パスポートとパンフレット

国際教養専攻科の専攻生たちが所属するのは、いずれかの教員の研究室。担当教員との距離が近くなり、学習指導や将来へのアドバイスを随時、系統的に受けられます。

あなたのこんな“スキ”“〜したい”をバックアップ:専門分野をさらに深めたい、少人数の中で丁寧に深く学びたい、将来や就職のことをもっとじっくり考えたい

授業科目の概要

授業科目 授業形態 単位数 卒業に要する単位数
必修 選択
TOEIC特講I 演習   2
24単位以上必要
TOEIC特講II 演習   2
CALL特講I 演習   2
CALL特講II 演習   2
異文化コミュニケーション論特講I 演習   2
異文化コミュニケーション論特講II 演習   2
秘書学特講I 講義   2
秘書学特講II 講義   2
社会と会計制度I 講義   2
社会と会計制度II 講義   2
社会学特講I 講義   2
社会学特講II 講義   2
法律学特講I 講義   2
法律学特講II 講義   2
人権と人々の暮らしI 演習   2
人権と人々の暮らしII 演習   2
情報処理特別演習I 演習   2
情報処理特別演習II 演習   2
情報処理研究I 演習   2
情報処理研究II 演習   2
観光学特講I 演習   2
観光学特講II 演習   2
体育学研究I 演習   2
体育学研究II 演習   2
専攻演習I 演習   2
専攻演習II 演習   2
研究指導I 講義 4  
研究指導II 講義 4