高校の先生方へlecture

HOME   高校の先生方へ   Learning Vocabulary Through Word Association

Learning Vocabulary Through Word Association

2020年7月23日
       

担当教員氏名

松本 ソニア

講座要旨

 ボキャブラリー(語彙)の習得はコミュニケーションに欠かせませんが、時として退屈なものです。しかし、「フィービー・ゲーム」を使うと、語彙の習得は活気があり、楽しく、コミュニカティブなものになります。学習者はまず ボキャブラリー(語彙)の習得はコミュニケーションに欠かせませんが、時として退屈なものです。しかし、「フィービー・ゲーム」を使うと、語彙の習得は活気があり、楽しく、コミュニカティブなものになります。学習者はまず、アメリカのホームコメディの一部である短いビデオクリップを見て、英語を聞き取ります。ビデオクリップはアメリカで流行した「(語彙の)連想ゲーム」になっています。それを例として、学習者は自分で連想ゲームのための単語のペアを作り、なるべく多くのクラスメートとQ&Aをします。知らず知らずのうちに学習者は新しい単語を学び、既習語彙の復習をし、リスニングやスピーキングの練習をし、学習そのものを楽しむことができるのです。

 Vocabulary is essential for communication, but it is also sometimes tedious to study. However, with the Phoebe Game, learning new words becomes an active, fun, and communicative process. Students first watch a short video clip from an American situation comedy and try to catch the words being spoken. The video clip demonstrates a word association game which became a fad in the United States. From that example, students make their own word association pairs and exchange their questions and answers with as many people as possible. Without realizing, students learn new words, review words, practice listening and speaking and enjoy the learning process.

主な学歴等

【学歴】

【職歴】

専門分野研究業績

【所属学会】

  1. Japan Association for Language Teaching(全国語学教育学会)Member
  2. Center for Asia-Pacific Exchange(CAPE)Kyushu Representative
  3. Kyushu Academic Society of English Language Educators(九州英語教育学会)Member
  4. Japan Academic Society of English Language Educators(全国英語教育学会)Member

【学会発表】

  1. KASELE(九州英語教育学会)(1997年10月)
  2. KASELE(九州英語教育学会)(2003年11月)
  3. KASELE(九州英語教育学会)(2005年11月)
  4. KASELE(九州英語教育学会)(2006年11月)

【セミナー発表】

  1. Miyazaki High School English Teachers Association(1997年11月)

【研究業績】

  1. The Rhythm of Speech
    南九州短期大学研究紀要(2004年5月)
  2. English with Friends – KASELE journal
    (九州英語教育学会)(紀要第33号)
  3. Students’ Evaluation of MKJC Study Abroad Preparatory Course
    (九州英語教育学会)(紀要第34号)
  4. Communicative Language Teaching : An Essential Approach to EFL Teaching
    (南九州短期大学研究紀要)(2006年5月)
  5. Factors and Conditions to Remember When Teaching English Instruction for Children
    (南九州短期大学研究紀要)(2006年5月)
  6. 九州英語研究学会第35号紀要実践報告
    “Language and Perceptions of I dentity”(2007年8月)

南九州短期大学での担当科目