高校の先生方へlecture

HOME   高校の先生方へ   社会と会計制度

社会と会計制度

2020年7月25日
       

担当教員氏名

土田 博

講座要旨

私たちの社会と会計制度の結びつきは意外と深いものがある。企業は株主、債権者より調達した資金を元に企業活動を行うと同時に、それらの活動報告をしなければならないという責任を有することになる。そしてその報告は主として会計を通じてなされるのである。従って会計はより適正であると同時に株主や債権者等にとってより有用な役に立つ情報を提供するものでなければならないものとなる。

我が国の会計制度は、商法(会社法)、証券取引法、税法の3つの法令を中心に、これらが相互に関連しあって形成されている(これを「トライアングル体制」と言う)。本講座においては我が国の会計制度の概要を説明するとともに、会計に関する資格についても述べたいと思っている。

主な学歴等

【学歴】

【職歴】

専門分野研究業績

【専門分野】

  1. 会計学(制度会計)

【主要研究業績】

  1. 商法改正と会計制度の変容
  2. わが国企業会計制度と企業会計原則の誕生
  3. 企業会計と商法
  4. 法定準備金の改正と企業会計
  5. 会計上の収益と税法上の益金について
  6. 会計利潤と配当規制
  7. 中小企業の会計
  8. 配当可能限度額の計算

【取得資格】

  1. 日本商工会議所簿記検定1級
  2. 税理士

南九州短期大学での担当科目