大学案内aboutus

HOME   大学案内   学長挨拶

学長挨拶

2020年7月3日
       

未来に大きく羽ばたくために、“人”としての力を磨く

現代社会は驚くほどのスピードで変化しています。特に、AI技術の発達は凄まじく、車の自動運転やドローンによる荷物の配送の実現が間近となっています。

しかし、AI技術はあくまでも「知能と似たような振る舞いをする技術」であって、人間の持つ「知能」とは似て非なるものです。コンピュータは「平和」の意味を画面に表示してくれますが、「平和」の意味を理解しているわけではありません。
コンピュータはどんなに発達しても本質的に「計算機」であることに変わりはなく、できることは足し算や掛け算などの四則計算だけです。コンピュータは億という文章を記憶することはできますが、「平和」のたった一単語でさえ理解することはできないのです。

コンピュータに本当の意味で「平和」の意味を理解させるには、「平和」の意味を足し算や掛け算で表現する必要がありますが、それは数学が根本的に変わってしまうような、とんでもない変革が起こらなければ不可能です。

私はコンピュータを貶めたいわけではありません。コンピュータの基礎技能は若い皆さんにとって必須の能力です。
私が言いたいのは、人間には人間にしかできないことがあり、それこそが私が皆さんに本学で学んでほしいことである、ということです。
それは幅広い「教養」です。正確には、「教養」を基にして物事を多角的に見たり、深く理解した上で、適切な判断を下したり行動をとったりする力です。

例えば、ホテルのスタッフが適切に判断・行動できれば、お客様に満足していただくことができるでしょう。
この「満足」の意味合いは、四則計算で表現することは不可能であり、コンピュータには理解できません。お客様を満足させる、といったことは人間にしかできないのです。

南九州短期大学で幅広い教養を身につけ、人間にしかできない能力を磨いてください。そして、将来の社会を担う人材として大きく羽ばたいてください。私たちはそのために皆さんを全力でサポートします。

南九州短期大学 学長 横堀仁志