就職・進路情報job

HOME   就職・進路情報   秘書技能検定

秘書技能検定

       

南九州短期大学の教育目標の1つとして「社会や個人との豊かな関わりが持てる、ホスピタリティ・マインドを涵養する。」と掲げています。
社会と個人との関わりで「人の印象」は重要な要素です。そして「人の印象」は、言葉遣いや話し方・態度で変わります。
秘書技能検定では、「言葉遣い」「話し方」「態度」「振る舞い」などの「人柄の要素」を学ぶことができ、社会人としてのマナーや一般常識が身につきます。南短では、全コースの学生が「秘書技能検定」の資格取得サポートを受けられるため、各コースの専門知識だけではなく、実社会で役立つ社会人の基礎を身につけられます。

資格取得までの道のり

夢や目標に合わせて目指す資格を決める。

目標は高く、超難関の「秘書技能検定1級・準1級」を目指します。

まずは、筆記試験通過を目指し、検定対策に参加します。理論と実技、各60%をクリアすれば通過となります。

理論:必要とされる資質
職務知識、一般知識実技:マナー・接遇、技能

筆記試験に合格すると、面接試験(あいさつ、報告、状況対応)のロールプレイングが待っています。

面接対策も抜かりなく!担当教員の丁寧な個別指導で自信をもって本番に臨めます。

秘書技能検定 合格認定

準1級合格者インタビュー

為せば成る。資格の合格が、私に自信をくれました。

Q.  秘書検定を受験したきっかけは?

A.  高校の時に秘書検定があることを知りましたが、3級までしか受験しなかったことを後悔したので、短大に入学したら秘書検定を受験しようと決めていました。準1級は記述問題も増え、筆記試験に合格すれば面接試験もあるので、少し大変だなと不安にもなりましたが、南短での学びの集大成として合格したいと思い受験しました。

瀬尾 唯佳さん
医療事務・医療秘書コース 2年
宮崎県立宮崎農業高等学校出身

Q.  合格するために、どんな勉強をしましたか?

A. 3級、2級と受験して基本的な知識はある程度頭に入っていたので、苦手な暗記問題を中心に取り組みました。その上で過去問題をたくさん解くようにしました。本試験では過去の類似問題が2問ほど出題されていたので、対策をしっかりやっておいてよかったと思いました。筆記試験に合格すると、面接試験があります。面接の練習はなかなか先生のご指導通りにできなかったので、自宅でロールプレイングを繰り返し、本番では「目の前のお客様を大切にする気持ち」で、とにかくゆっくり話すことを意識しました。

Q.  合格した時の気持ちと、今後の抱負をお聞かせください。

A.  2週間の面接練習では、上達しない自分に悔しさや辛い思いを抱くこともありました。でも先生が時間をかけて親身にご指導くださり、あきらめずに個人練習を頑張ったので、合格と聞いた時はとても嬉しく、受験して本当に良かったと思いました。「目の前の大切な相手に伝える」ことを意識したら、自然と前傾姿勢になり話すことができます。緊張しても練習してきたことは体が覚えているので、「練習=自信」に繋がることに気づくことができました。今後は身に付けたスキルを仕事に活かせるよう頑張りたいと思います。同時に、社会人として知っておくべきマナーや知識はまだたくさんあるので、これからも勉強を続けていきたいと思います。

Q.  後輩の学生たちにメッセージをお願いします。

A.  私は面接試験の内容を聞いた時、正直、自分にはできないと思いました。でも練習していくうちに、少しずつできるようになり、努力したからこそ得られる達成感は自分の自信につながると感じました。準1級の受験機会は年2回しかない貴重なチャンスなので、後悔しないようにチャレンジしてほしいと思います。2級に合格したから、この程度でいいと思ってしまうのはもったいない。為せば成る、ですよ。

社会人基礎力をより磨くために・・・「秘書学概論」が全コース必須科目に!

南九州短期大学では、2021年度より「秘書学概論」が全コース必修科目となります。
「秘書」には、上司をサポートするためのコミュニケーション能力や協調性、一般知識、マナーなどが必要となります。
経済産業省が社会人基礎力として定義している3つの能力・12の能力要素や、企業の採用者担当者が人事選考の際に求める能力と「秘書」の技能は強く関連し、「秘書的考え方」を身につけることは「秘書」の職種に限定されることなく、社会人として企業(社会)から求められる技能を身につける本学での最初のステップになります。
さらに「キャリア教育(P31)」により社会人基礎力の養成と「自分らしい生き方」を実現するための講義を開講しています。

参考(選考にあたって特に重視した点 (上位5位))1位コミュニケーション能力、2位主体性、3位チャレンジ精神、4位協調性、5位誠実性